忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モーゼがエジプトを出て40年間、ヨダヤの民とともに[約束の地]
カナンへと向かいました。中東の荒涼とした地を行く厳しい放浪の
旅でもあったのでしょう。
水がなく困り果てたとき、トン・トンと岩を杖でたたいたら水が
噴出した。それがモーゼの泉(アイン・ムーサといいます)です。

ここヨルダンはもとより、エジプトなど、モーゼゆかりの地では
[モーゼの泉]と名のつく泉が合計数十ケ所もあるそうです。

ここヨルダンのペトラ遺跡の近くのワディ・ムーサのモーゼの泉
は、水清くコン・コンと湧き出ておりました。
現在でも地元住民の貴重な水源だそうです。

その建屋


コンコンと湧き出る泉
荒涼とした大地の中に、冷えて、水清く、まさに神の恵みといえます。










































拍手

PR
つぶらな瞳に、キリッと引き締まったお顔のカタールのお馬ちゃんは
男前だった。





白馬のご家族からは ”ヒ・ヒィ~ん♪ 今日は”、とご挨拶をいただきました。









































拍手

カタールのドーハでは何でも売っているシーク(市場)がありました。
そのシークの入り口。



シークの様子



女子用の胸飾り、衣類、靴など




男子用の銃、刀剣、水煙草の用具などなどウィンド・ショッピング
でしたが結構楽しかったです。
サーベルを自分の部屋に飾りたかったので購入したかったのですが
ダメダメと添乗員さんに止められました。
スーツ・ケースに入れても帰国時の通関X線検査で没収、もしくは
タイホされるのだそうです。












































拍手

カタールの男子はトーブという足首までの長い白色のガウンというか
コートのようなものを着ておりました。一見すると全員同じデザイン
のように見えますが、襟や袖口などが微妙に異っておりました。
そして何よりもカタールの男子のトーブは真っ白で汚れシミなどは、
全く無く、全員清潔感にあふれておりました。

一方、女子はアバーヤとういう衣装で、全身真っ黒、目だけ出して
外出です。外出時のみ、この衣装姿とのことでした。イスラム教の
定めだそうです。

女子の場合、アバーヤの下は結構きらびやかで、派手な衣装姿
らしいです。

これらの衣装姿の外観だけからすると、男女ともに暑苦しく見受け
られますが、これが結構涼しいらしいです。中東の土地にあった
装いとのことでした。






















































拍手

中東カタールの首都ドーハにラクダ市場なるものがありました。
荷役・食肉・ミルク用それに競走用などとして取引されているそうです。



中東やアフリカに生息しているラクダは【ヒトコブラクダ】です。
当然、ドーハのラクダはどれもヒトコブラクダでした。

♪月の砂漠の~♪ に出てくるラクダは【ヒトコブラクダ】なんです。

下の写真はヨルダンのお巡りさんですが、そのヒトコブラクダに乗って
パトロールしておりました。
一つのコブを両足で挟むようにして乗るのだそうですよ!
その昔、アラビアのローレンスもヒトコブラクダに乗って活躍した
のでしょうね。



一方、中央アジアに生息しているラクダは【フタコブラクダ】です。
つまり背中に二つのコブがあるやつです。

シルクロードをのんびり行くラクダはフタコブラクダなわけです。


コブの間に乗るので、こっちは簡単に乗れそうですね。






















拍手

 HOME | 1  2 
Admin / Write
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ホームページ更新日
ホームページ・・・・・・鶴と亀の旅物語・・・・・最新更新日:2013年1月26日
プロフィール
HN:
鶴と亀
性別:
非公開
趣味:
旅行
自己紹介:
国内外の旅行でのトピックスをご紹介させていただくブログです。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]